英会話の最近のブログ記事

今日の英単語。

英会話のレッスン時にすぐに意味が出てこなかった単語を挙げて行くことにしました。

何度も同じ単語がエントリーされていたら、成長していないということで晒される仕組みです。あまりに覚えが悪いので、自分で自分にプレッシャーをかけようかと。頑張ります。


ちなみに、今日のと書いてるけど、14日のレッスンのものです。

報道ステーションで、正男氏が、テレビ朝日の取材に英語で答えていました。

よく思いますけど、やっぱりネイティブじゃない人の教科書通りの発音は日本人にも分かりやすいですね。
ようやく、中学英語を思い出し始めたレベルの僕でも、8割方理解できる感じでした。

字幕を読まなくても英語が入ってくるようになるのは嬉しいですね。

最近英会話を教わっている先生も相当分かりやすく発音してくれる方ですが、やっぱりまだ聞き取れないところも多いです。

引き続き、精進しましょう。
今週の英会話レッスンメモ。

◆初めて知った単語、言い回しメモ
hotpot……鍋
Old school bike……ママチャリ(でいいのかな?)
Describe ……tell information
Very cool ……(別の言い方として)reary cool?

◆AとBの比較
 Old school bike is better than mountain bike

基本形・比較級・最上級
 レギュラー Tasty - tastier - tastiest
 イレギュラー Good - better -best

 完全に中学英語。しかし、er - iest の活用すら思い出すのに一苦労。
 僕の受験戦争は何だったんでしょうか。
 
◆文法用語
 グループレッスンなんですが、僕たちのあまりのレベルの低さに、先生が文法を紙に書いて教えてくれます。
 ということで、英会話のレッスンなんですが、文法用語がちょくちょく出てきますのでメモ。

verb(動詞)
Adjective(形容詞)
Object(目的語)
prornon(代名詞)
Adverb(副詞)

◆文法メモ
 とりあえずメモ。忘れないうちにメモ。

S + v + ?negative + adv + adj
S + v + o
S + v + prornon

◆veryとtooの使い分け

veryは、多すぎて満足したとき。
tooは、多すぎてゲンナリしたとき。

「very fun」 という言い方はありえない。

 ちなみに、グループメンバーと先生に、「your hair is too long」と言われました。
 僕的には「my hair is very long」なんですが。

◆次回のテーマ
More than?
Future

メモだらけ。
2回目の英会話の授業。中高の英語では教わらなかった(と思う)挨拶を教わりましたのでメモ。

  • 挨拶
【Aさん】
パターン1How are you?
パターン1How's it going(goin')?
パターン2what's up

【Bさん】
パターン1:パターン1の場合は、何種類にも分岐します。

あまり元気じゃない時 ⇒ I'm ok thankyou. (And) you?
普通な時 ⇒ Not bad thankyou. (And) you?
ちょっと元気な時 ⇒ Pretty good thankyou. (And) you?
ものすごい時 ⇒ Im greats! thankyou. (And) you?

パターン2:こちらの場合は、決まり文句です。

Not much.how about you


これらは、友達とのフランクな挨拶に使います。
how are you? ⇒ Fine, Thank you だけじゃありません。
日本語と一緒ですね


  • 過去の挨拶
「知人」程度の人との挨拶はこちら。

【Aさん】
How have you been?
⇒しばらくの期間会っていないので、その間の期間どうしてた?という質問。

【Bさん】
こちらは、いかようにも回答しようがありますのでその時々に応じて。


  • weekendの言い方
話は変わって、weekendの言い方について。

今日が、月曜日、あるいは木曜日など、週末に近い場合はこのように。

過去、未来ともに:on weekend


逆に遠い場合は、次のように区別します。

過去:last weekend
未来:next weekend



それにしても、中学生レベルの文法が全く思い出せません。復習しなおさないとついていけなそう……。
        

人気エントリー