ノープー開始して3週間ほどたちました

| コメント(0) | トラックバック(0)


このエントリーをはてなブックマークに追加
こっそり、ノープー初めて3週間が経過しました。

ノープーって何よって?

いろいろな定義があるようですが、間違いがないのは、市販のシャンプーやリンス、コンディショナーなどに含まれる成分を否定した生き方、とでも言っておけばよいのではないでしょうか。
皮膚表面には皮膚常在菌というのがあり、皮膚を守る脂肪酸という膜をつくるみたいなのだけど、シャンプーで、毎日髪を洗うと、過剰に脂肪酸が落ち、再生に時間がかかってしまう。また、頭皮の皮脂も、過剰に落とされた状態となり、それを補おうと、さらに皮脂が作り出され、その負のスパイラルで、より脂が出る体質になってしまったり......みたいなことが起こるようです。

これに対して、シャンプーの成分を否定したノープーでは、基本的に、市販のシャンプーやリンス、コンディショナーなどを、極力使わないことが基本になります。

これにより、皮膚常在菌が本来あるべき姿に戻ります。また、現代の「ハゲ」「薄毛」は、シャンプーなどの過剰な利用による結果だとの主張もあり、薄毛対策にもなるとのこと。

さて、実践方法にはいろいろあるようですが、基本は、湯シャン(お湯のみで髪を洗うこと)になります。

人によっては、椿油などで髪を手入れしたり、あるいは、週に1回はシャンプーを使ったり、といったことを織り交ぜつつ実践するケースもあるようです。

さてさて、僕もほぼ3週間湯シャンのみで過ごし、ちょうど昨日、久しぶりにシャンプーとコンディショナー(スカルプDだぜ)を使ってみた、といったサイクルにしてみました。

個人的に気をつけたのは、湯シャンだからこそ、いつもよりも入念にもみ洗いをすること、だけです。

それでも、シャンプーとコンディショナーを使って洗うよりも、楽な感じはしますね。

髪は特に脂がきになる体質で、夜シャワーを浴びて髪を洗っても、朝起きたら、また髪を洗わないとギトギトして気持ち悪いというのが元々の体質。

また、髪がやわらかすぎて、中々うまくスタイリングできない、重力に逆らえない、ボリュームが出ないというのが元々の髪質、でした。

ノープー開始3日ぐらいまでは、湯シャンした直後からなんだか脂っぽい感じがして非常に不快だったのですが、続ければ徐々に変わってくるとの言葉を信じ継続。

そこから数日で、次第に、湯シャン直後の不快さはなくなっていきました。

さらに、2週間程度で、細くて力のなかった髪に、若干のコシがでてきた感じ。まあ、これについては、さらさらストレートヘアが、そうでなくなった、という悪い表現もできるので、一長一短ですが、本人的には、アフターの方に満足。

そして、3週間たった今は、心なしか、脂の出る量が減ってきているような感覚を覚え始めています。

さすがにまるっきり使わないのも、自分では気づかない可能性のある匂いに対する不安もあり、一度シャンプーを使いましたが、このまま継続してみようと考えています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/892

コメントする

        

人気エントリー