読書メモ「地方分権改革(西尾勝 著)」

| コメント(0) | トラックバック(0)


このエントリーをはてなブックマークに追加

地方分権改革(西尾勝 著)


本書は、地方分権推進委員会の中心人物として活躍し、第一次地方分権改革を実現させた西尾勝氏の、回顧録の形式をとった1990年代以降の地方分権の歩みに関する学術書です。

戦後の地方制度についてから始まり、自身が中心的に活躍した第一次分権改革、第二次分権改革を推進するにあたっての事細かな経緯や総括、平成の市町村合併、小泉内閣による骨太の方針や三位一体改革の中身、阿部内閣下での地方分権改革に関する私見を経て、集権と分権理論の再構成といった考察でしめる流れで、ざっと95年から10年強の地方分権の動きを知るには、好適な書籍だと言えます。

地方分権の今後を考えるにあたって、重要なポイントとキーワードが、随所にちりばめられていましたので、改めて振り返ってみたいとは思いつつも、いかんせん、学問的アプローチからの考察なども多く、前提知識のあいまいなまま、ひとりで読み解くには、非常に骨の折れる内容でした。


地方分権改革 (行政学叢書)
西尾 勝
東京大学出版会
売り上げランキング: 247486

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/870

コメントする

        

人気エントリー