ペンギンアップデートに関するマット・カッツ氏のインタビュー

| コメント(0) | トラックバック(0)


このエントリーをはてなブックマークに追加
ペンギン・アップデートを導入したんだけど質問ある? にて、GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏のインタビューの和訳が公開されています。

今回のペンギンアップデートに関する、いくつかのヒントがありました。
ペンギンは常には稼動しておらず、定期的にスパムをフィルタリングするGoogleの通常の仕組みとはまったく別に物事をスパムとしてタグ付けするために使用される。

ペンギンは常には稼働していないということで、一度「スパム」として「タグ」を付けられると、次回稼働まで復旧はしないということです。

Q: ペンギンはパンダのようにサイトワイドのペナルティか、それともページ単位か。
A: (答えず)

これに応えない理由はよくわかりませんでしたが、現時点では、両方の可能性があるということですね。


Q:ただペンギンにやられたサイトを見ていると、WordPressのテーマに埋め込んだスポンサーリンクや質の低い相互リンク、有料リンク、リンクネットワークなど最近Googleが標的にしているものが目立つ。
自分の力ではこういったリンクネットワークから抜け出せないときはどうすればいいのか。

A: 問題をなくすことは可能だ。重要なことはできる限りのことをしようとすることだ。

問題のある被リンクを受けることによるペナルティが実行されているのは、確実ですね。

質の低いリンクを、ライバルサイトに大量に向けて発リンクすることによって、順位を落とすなんてことができたら、どうしようもないんだから、そういうアルゴは有りえないだろうなんて言ってた時代もありましたが、現状はどのようになっているのでしょうか。海外SEO情報ブログさんには訳がありませんでしたが、原文では触れられていました


ざっくりまとめると、

    • ネガティブSEO(という言葉を使っていましたが)、特定の誰かが他のサイトに影響を与えることは難しい
    • 特に多くの優れたシグナルを持つサイトは、多少の悪いリンクを発されても、それを駆逐できるはず
    • ネガティブSEOが容易に効果を発揮しないように、膨大な作業を行っている
といった感じでしょうか。

基本的には否定的なスタンスだが、できないとは言い切っていないですし、もともとたいした評価を受けていないサイトに対してであれば、比較的容易に実行可能な感じも受けます(そういうサイトにネガティブSEOを実施する意味は大きくないでしょうが)。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/863

コメントする

        

人気エントリー