2011年7月アーカイブ

棋士である羽生善治さんの著書、決断力を読みました。

Outlook2007で、返信時に、テキスト形式のメールで、インデント記号(引用符号・引用記号)をつける方法は以下ですが、

ツール - オプション - メール形式 - メッセージ形式 - テキスト形式 - OK

と設定した上で、

ツール - オプション - 初期設定 - メールオプション - 返信/転送時のスタイル - メッセージに返信するとき - 元のメッセージの行頭にインデント記号を挿入する - インデント記号に任意の文字列を挿入

これだけでは、html形式できたメールに返信する際に、インデント記号がついてくれません。
(返信時、html形式でメールが表示されるため、左側に青色縦長のバーが表示され、改めてメール上でテキスト形式に変換すると、インデント記号なしのテキスト形式に変わってしまう)

そんなわけで、htmlメールを送ってくださる皆様に、長年憎悪の念を持っていたわけですが(笑)、解決方法を以下に。


Twitterでよく猪瀬直樹さんがRTしているので、彼の著書、東京の副知事になってみたらを読んでみました。

        

人気エントリー