google インスタントページとやらを開発中らしい

| コメント(0) | トラックバック(0)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Instant Pages(インスタントページ)、Search by Image(画像から検索)、Voice Search(音声検索)など新機能をGoogleが相次いでリリース

とのこと。中で気になったのが、Instant Pagesというもの。本記事によれば、

「インスタントページ」は、検索結果に出てきたウェブページの先読み機能です。
ユーザーがクリックしなくても、リンク先のページを事前に読み込んでおき表示の体感速度を向上させます。
インスタント検索とインスタントプレビューに続く、Googleが力を入れている「スピードアップ」のための機能になります。
面白いのは、検索結果に出てきたページをすべて先読みするのでもなく、また1位のページだけを先読みするのでもなく、ユーザーが必ずクリックするだろうと確信がもてるページを予測してそのページだけを先読みすることです。

ということらしい。


Googleアカウントにログインしていれば、ユーザーの行動履歴なんかも使うのだろうけれど、いずれにしても、取組としては面白い。

一方、インスタント検索(クエリー入力中に動的に検索結果を切り替える機能)やインスタントプレビューなどは、思わぬところで、機能が勝手に動いてしまったり、キーボード操作が変に動作に影響してしまって、非常に不便に感じているところ。まあ、機能オフにすればよいだけの話なんだけれども。

このインスタントページというのも、勝手に裏側で動作するものらしいから、実装方法によっては、一部のユーザーには、不評を買ってしまう結果になりかねないなぁとも思います。

正直、インスタント検索にキーボード操作が影響しているのは、僕自身が普通の検索ユーザーはあまりしないであろう使い方(検索結果を片っぱしから、ショートカット操作で新しいタブで開く......とか)をしているためであるのも分かってはいて、普通のユーザーからしたら、それほど不便は感じないんでしょうな。

Googleによって作られ、Googleによって成長してきたといっても過言でないロボット検索というサービスですが、常によいものへ発展しようとするその姿勢は、見習いたいものだと思う一方、シンプルイズベストを地で行っていた以前のGoogleの方に、どうも愛着を感じてしまいます。

最近、いろいろとごちゃごちゃしているし、矢印キーで上下押下したときに、画面スクロールでなく、検索結果を選ぶようにした仕様なんかも、実は大変不評です。僕の中で。

と、ただ最近のアップデートへの不満を書きたいだけのエントリーでした。

んでも、楽しみですね! 画像検索とか!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/814

コメントする

        

人気エントリー