読書メモ「超訳孫子の兵法(許成準著)」

| コメント(0) | トラックバック(0)


このエントリーをはてなブックマークに追加

名だたる経営者たちのバイブルとなっている孫子の兵法とやらの解説本「超訳孫子の兵法」を読んでみました。

本書では、実際の訳と適切な過去の英雄や、具体的な会社等での事例を交えて、孫子の言葉がどのような意味を持ち、どのようなシーンを想定しているのかを解説してくれています。解説本としては、比較的ライトな内容かなという印象でした。

訳といっても、いろんな解釈があったりとか、2500年の間になくなっている部分、順序が分からなくなっている部分などあるそうですが、比較的一般的な訳にまとめてくれているとのこと。

さすが、時代を越えて、いろいろな人々に支持されてきた文書だけあって、まあ読めばなるほどな~とは思うものの、実際、これを仕事
や実生活に生かすとなると、かなり読み込まないとという感じでしょうね。

で、仕事でどう生かそうか! という考えの前に、最近はまっているAge of Empires III の方で、この兵法を生かせないものかと思案してしまうあたり、ちょっと宜しくないです。最近ハマりすぎ。

読んだだけで強くなった気がして、早速プレイしたところ、コテンパンにやられました。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/803

コメントする

        

人気エントリー