検索エンジンにおける重複コンテンツの今後は?(SEO動向。2011年1月ピックアップ)

| コメント(0) | トラックバック(0)


このエントリーをはてなブックマークに追加
1月の目新しいニュースとしては、米Google、コンテンツスパム対策の強化を発表という発表がありました。

Googleは継続してこれらのスパムへの対策を実施しているわけですが、Matt Cutts氏が、改めて触れた格好です。

詳しくは、上述のページを参照していただくとして、所感など。
古くは、いわゆるワードサラダのような、明らかなスパムなどが横行していましたが、それらは、現状ではほとんど淘汰されてきているようです。意識してそれらを検索することはありませんが、意識して検索しなければ、それらを目にすることもないでしょう。

また、最近では、APIやRSS等を用いて、オリジナルでないコンテンツを、自サイトのコンテンツとして見えるように、「容易に」提供できるようになっています。それこそ、ちょっとプログラムをかじった人であれば、容易に、そういったコンテンツを、大量に自動生成できます。そして、それらは、現在でも、ある程度、まっとうなコンテンツとして見られており、コンテンツ自体のクオリティによっては、十分な集客を得ているケースも多いでしょう。

単純に無償提供されているAPIやRSSを使ったコピペコンテンツもそうですし、OKWebと、教えて!gooやMSN相談室などの提携のように、企業同士が提携して、提供されているコンテンツについてもそうです。

今回の発表が、どこまでの範囲を想定した発言なのかは分かりませんが、最近の傾向として、スパムまがいである、ないに関わらず、重複コンテンツは、価値を下げられる方向性に向かっているようであり、またそれらのうち、明確なスパムであると判断出来るものに対しては、厳しく対応をしているというGoogleの姿勢は、今後も十分頭に入れておくべきでしょうね。

実際、PCのトラブルなどを解決するため、ウェブを徘徊するときに、OKWebの重複コンテンツは、何度も何度も同じコンテンツ(しかし、問題は解決されない内容)にアクセスさせられて、大きなストレスを感じることが多いですし、ユーザライクな検索エンジンという見方をすれば、ここら辺のコンテンツも、いずれ、検索エンジン上は、淘汰される方向に向かうのが、正しいようにも感じます。

CGMコンテンツの他社へのOEM提供というのは、ずっと以前からとられている事業モデルです。それそのものが悪と言うわけではないとも考えています。

ただ、こういった状況を踏まえると、今後、無償・有償を問わず、こういったコンテンツ提供を受ける側の目的として、大量のコンテンツを労なく保有することによるロングテールからの集客といった部分に主眼をおく組み方は、見方を改める時期に差し掛かっているのかもしれませんね。

例えば、既に囲いこんでいる自サイトの顧客・会員に対してコンテンツを提供することによる満足度の向上であるとか、あるいは自サイトで持つ関連コンテンツと並行して提供することによる既存自社コンテンツの価値の増幅など、提供を受けるコンテンツのみによる集客以外の部分に目を向ける必要性とでもいいましょうか。

2011年末頃にもなれば、このGoogleの発表の影響が顕著に見てとれるようになるかもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/779

コメントする

        

人気エントリー