初めてのファンスキー! 白馬五竜スキー場にて

| コメント(0) | トラックバック(0)


このエントリーをはてなブックマークに追加
土曜から月曜にかけて、白馬五竜スキー場に行ってきました。中学生位までは何度かスキーには行っていたものの、その後全く行く機会がなく、一昨年はスノーボードに初挑戦、昨年は17年ぶり? 位のスキーをしましたので、今年は、ファンスキーとやらに初挑戦してみました。

110124_111452.jpg
スキー自体そんなに熟練スキルがあるわけではないので何とも言えないわけですが、スキーとファンスキーの違いについての感想をまとめてみたいと思います。


物理的な違い 

物理的には、当然板の長さが異なります。スキーより、ファンスキーの方がだいぶ短いです(後述)。また、ファンスキーの場合は、ストックがありません。両手は空いている状態です。そのため、平地や上り坂の移動は、スキーならばストックを使いつつ前進できるところが、板のみの移動になりますので、若干面倒でした。ただ、ストック無しは、リフトが乗りやすいです。あとは、やはり手軽さでしょうね。軽くて持ち運びも便利です。


滑り方の違い

板の長さがだいぶ短いので、スピードを出した時の安定感が全く異なります。ファンスキーの方は、ちょっと油断すると、でこぼこ気味のポイントでは、よろけてしまいました。両手を広げるようにしてバランスを取るとよいそうです。

また、通常のスキーでは、後傾気味で滑れますが、ファンスキーの場合は、重心を中央から若干前目、重心は低めにしないと滑りづらかったです。ただ、コンパクトなので、扱いやすいですし、まともに滑れるようになるまでの時間も、とても速かったです。

ただ、こけた後とかは楽ですね(笑) 短いので、板や足の向きをそろえたりするのが楽ですし、ストックがないので、あっちゃこっちゃに飛んでいったりすることもありません。こける前提の話ですが……。

ちなみに、結構スピード出したりしてましたが、二日目夕方ぐらいからは、全くこけることはなくなりました。初級コースですが……。

ファンスキー・ショートスキー・スキーボード・スキー の違い

ついでに調べてみました。

  • ショートスキーは短いスキーの総称
  • 一般的に長さの規定はない
  • ファンスキーは130センチ以下の長さのスキー
  • スキーボードは100センチ以下の長さのスキー

ついでに、白馬五竜スキー場の感想

天候にも恵まれ、雪質はとてもよかったです。土日でも、リフトはほとんど並ぶことなく乗れました。月曜にも滑ったのですが、当然、さらに人は少なかったので、快適でした。写真は月曜の初級コースです。中級コースは2日目午後一に一度いきましたが、この段階で、まだ4,5本程度初級コースを滑っただけだったので、あまりにも無謀でした。何とか降りられましたが……。

最終日の最後位の感じだと、中級コースももう少し楽しめたんだろうなぁと思いつつ、終了! 楽しい旅行でした。






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/775

コメントする

        

人気エントリー