yahoo!検索への関連検索ワードスパムに対策できず言い訳?

| コメント(0) | トラックバック(0)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!検索スタッフブログから、Yahoo!検索の品質向上に対する取り組みというエントリーがなされていました。

「キーワード入力補助」や「関連検索ワード」におけるスパムワードに対する警告と取り組みの紹介です。

注目すべき点のみ抜粋すると、以下あたり。



  • 最近、特に「関連検索ワード」や「キーワード入力補助」での表示を目的として大量の検索クエリーを送信するというスパム行為が見受けられます。

  • 各依頼者のWebサイトへトラフィックを誘導できると謳うサービスとして、一部の企業から有償で提供されており

  • これらのYahoo!検索の各表示結果を人為的に操作しようとする行為が……中略……スパム行為として禁止しており、これらのスパム行為に対してはシステム的な措置を講じて排除するなど、よりよい検索結果の提供に向けて日々取り組んでいます。

  • このようなスパム行為に対してシステム的な措置を講じて排除するなど、Yahoo!検索自身でもさまざまな取り組みをしていますが、……中略……上記のようなサービスを提供/販売する企業からの売り込み等があった場合は、下記のお問い合わせフォームよりご連絡をいただければ幸いです。

  • また、当該サービスを利用する各サイト(スパム行為の依頼者)に対しても何らかの措置を検討する場合がありますので、売り込み等に対してご契約などなされませんようご留意ください。

これらが何を意味しているかというと、

  • Yahoo!検索では、大量の検索クエリーを投げることで、関連検索ワードとキーワード入力補助を容易に操作できる
  • これらの行為はスパムである
  • Yahoo!検索では、システム的な対策を随時講じているが、完璧には対応できていない
  • 今後も、直近では、こういうスパムに対応出来る目途が立たないので、利用者からのタレこみに期待
といったところでしょうね。

スパムの温床になっていたようなキーワードに対しては、現在関連検索ワードの機能は停止されているようです。
要するに、技術的に有効な対策が出来ずにいることへの言い訳のようなものでしょうね。

なんとも情けないところですが、このスパムはだいぶ前から見かけていましたので、今さらかぁという気がしなくもありません。

ということで、こういう商売をしている胡散臭い会社は信用するなということと、yahoo!さんほんとガンバレということで。

ところで、関連検索ワードはGoogleに移行していなかったんですね。ついでに移行しちゃえばいいのに。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/756

コメントする

        

人気エントリー