検索エンジンシェアをGoogleが独占する中でのメディア提供側におけるリスクヘッジ

| コメント(0) | トラックバック(1)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!検索エンジンのGoogleへの移行も完全に終わったとのことで、これで、日本の検索業界は、そのほとんどをGoogleが独占することになりました。

SEO屋さんや、ウェブマスター職にある人から見るとGoogleのみを見て、全ての対応を勘案すればよいということで、日常的なストレスは、かなり軽減されるのではないでしょうか。

若いドメインエイジのサイトに対して、また特にロングテールへの評価が厳しい(と感じていましたが、みなさんどうなのでしょうね)YSTへの対策は、結局、時間をかけることでしか解決しなかったものが、適切なコンテンツを、適切に提供することで、比較的速やかに、ロングテールでも効果があげられると言う点で、個人的には、非常に大きなベネフィットを受けているところです。移行前の見込み通り、運営しているサービスのほとんどで、トラフィックの大幅増が見られ、今後の展望も明るいです。

さて、その上で、では、今後のメディア提供側、主に企業として、こういう現状をどのように捉え、どのように事業を進めていくべきなのでしょうか。
上述のように、ほとんどGoogleが寡占状態ですので、Google以外の検索エンジン(つまりはBingであり、Baiduであり、Naverであったりするのですが)を相手に、SEOや、それを含むシステム構築を考えることが、ほぼなくなってしまうことでしょう。

未だに、検索サービスからのトラフィック獲得、特にPCに依存したサービスからの収益を軸としている企業の場合、それのみに依存することは、「Googleにはしごを外される」という事業リスクを常に包括するということになり得ます。

リスクとは、Googleの大幅なアルゴリズム変更によって、Googleだけでなく、Yahoo!からのトラフィックも同時に失ってしまうということであり、また、Yahoo!が検索エンジンの切り替えを再び実施した際に、Yahoo!からのトラフィックを失ってしまうことになりかねないということも含みます。

問題なのは特に前者ですが、これまでは、常に最低でも2つのエンジンを想定してサービスを運用してきたため、どちらかへの対策を失敗したとしても、最悪半減レベルであったものが、今回は、Google対策に失敗すれば、全てを失うことになりかねないわけです。それはすなわち、メディア提供を主軸にしている企業としては、企業経営に、即、深刻な打撃を与えることになるでしょう。

これまでは、単独のサービス提供をしていても、Google、Yahoo!という二つのトラフィック獲得経路があるために、自動的に最低限のリスクヘッジができていたものが、そうでなくなるということですので、今後、こういったメディアを提供する企業の経営においては、「異なる仕組みで集客し、収益の上がるサービスを複数持つこと」が、より強く、現実的に求められるのでしょうね。

重要なのは、単純に複数のメディアを提供すればよいというところではなく、それぞれが、異なる仕組みで集客できているか、という一点に集約されます。

特定の手法で成功体験をしてしまうと、それを複製する形で、さらなる成功事例を求めてしまいがちです。しかし、複数メディアを保有していたとしても、集客の仕組みが同一である限り(今回でいえばGoogleエンジンからのSEOによるトラフィック獲得ですが)、何のリスクヘッジにもならないと言う点は、常に頭に入れておかなければなりませんね。

ウェブマスターとしては単純化されて楽になる一方、企業運営を見る者としては、悩みの種が増えたということです。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/751

コメントする

        

人気エントリー