2010年12月アーカイブ

はてなダイアリーにGoogleAnaylticsを設定します。自力だと2階層目に中々たどり着けませんでした……。以下手順です。




デスクトップの表示アイコン、たまに無くなります。

あれ、何ででしょうね。よく分からないですけど、その時の対処法です。

ちなみに、僕のマシンはWindowsVistaです。他のOSでも行けるかどうかは知りません。たぶん行ける?
意図せずNHKと契約が締結されていたようで、ここ数カ月受信料の請求が送られてきていたので解約することにしました。

テレビを持っているとか持っていないとか、そういう問題には触れません。

NHKの解約方法はこちら
Yahoo!検索スタッフブログから、Yahoo!検索の品質向上に対する取り組みというエントリーがなされていました。

「キーワード入力補助」や「関連検索ワード」におけるスパムワードに対する警告と取り組みの紹介です。

注目すべき点のみ抜粋すると、以下あたり。


ひょんなきっかけで、今まで漠然とした理解のままスル―していたネットワーク、特にTCP/IPの仕組みについて勉強しましたので、要点だけまとめておこうと思います。ほんと要点だけ。超簡単に。

本も5冊ほど購入したんですが、転記するのも面倒なので全て意訳です。


こんばんは。いつもご愛読いただきありがとうございます。

本サイト、一応2010年12月を持って、丸5年ということで、6年目に突入しました。

手前みそですが、よく続いたもので、有森なんとかさんばりに、「自分で自分を褒めたい」です。ちょっと引用が古いですが。

実はドメインenjoy-com.comを取得したのは、サイト開設の1年後とか、そんな感じでして(多分そのぐらい。適当に言ってます……)、しばらくはサムライファクトリーさんのレンタルHP上で運用していたわけなんですが、サイトのコンセプトとしては、そこが発祥でして、ドメイン取得時に、記事も、全て移行していますので、まあ、一応2005年から継続しているという建前でお願いいたします。

さらに遡ると、ライブドアブログとか、CGIBOYとかで、2002年とかそこら辺から、超当時的な日記を書いていたこともありますが、まあご愛敬ということで。それにしても、CGIBOYとか懐かしいですね……。今は楽天所有になってるんですねぇ。

さて、継続してご覧いただいている方は少ないと思いますし、平均すると一日に数百セッション程度のアクセスも、ほとんどは新規の方ですので、あまり世の中のお役に立ってはいないのかな~とは思いつつも、元々フリーライターなんてこともやっていたぐらいで、文章を書くのは好きなこともあり、続けさせて貰っています。

区切りも良いもので、少なからず継続してご覧いただいている方に、この場を借りて(借りて、といっても自分所有のドメインですが)御礼申し上げたいと思います。ありがとうございます。

近況的には、いろいろと変化がありますが、ネット上のコミュニケーションサービスに対する想いは、このサイトを始めた当初から全く変わらないといいますか、より、強い想いを抱くようになっていますし、いくつかのアウトプットが、世の中のニーズに対して、少なからず良いものを提供させて貰っているだろうと言う自負もあり、引き続き、日々大きく変化するインターネット業界、その中でも、ネット上のコミュニケーションサービスという分野で、こっそり、でも着実に活動していきたいなと考えている次第です。

おかげさまで、僕が所属する企業管轄のウェブサービスは順調なものが多いですし、また、僕自信の法人で提供するウェブサービスも、徐々に、徐々にではありますが、軌道に乗り始めています。

また5年後、つまりは、2015年ですが、全てが順調であるといいなぁという願望と共に、節目のご挨拶とさせていただければと思います。
検索エンジンからペナルティ受けた! なんて軽々しく言う人はSEO業界では信用ならんということで、ペナルティとは言いませんが(あ、タイトルに書いちゃいましたけど)、最近、管理サイトの一つで、おかしな挙動が見られましたので記しておきたいと思います。

状況としては、ある修正を施した、僕の、ある管理サイトのGoogleにおけるインデックス件数が、最大時数万件あったものが、1カ月強ほどで10分の1に減少したというもの。

その状況と考察をば以下に。



Yahoo!検索エンジンのGoogleへの移行も完全に終わったとのことで、これで、日本の検索業界は、そのほとんどをGoogleが独占することになりました。

SEO屋さんや、ウェブマスター職にある人から見るとGoogleのみを見て、全ての対応を勘案すればよいということで、日常的なストレスは、かなり軽減されるのではないでしょうか。

若いドメインエイジのサイトに対して、また特にロングテールへの評価が厳しい(と感じていましたが、みなさんどうなのでしょうね)YSTへの対策は、結局、時間をかけることでしか解決しなかったものが、適切なコンテンツを、適切に提供することで、比較的速やかに、ロングテールでも効果があげられると言う点で、個人的には、非常に大きなベネフィットを受けているところです。移行前の見込み通り、運営しているサービスのほとんどで、トラフィックの大幅増が見られ、今後の展望も明るいです。

さて、その上で、では、今後のメディア提供側、主に企業として、こういう現状をどのように捉え、どのように事業を進めていくべきなのでしょうか。
        

人気エントリー