MovableType(ムーバブルタイプ)でのsitemap.xml自動生成方法

| コメント(0) | トラックバック(1)


このエントリーをはてなブックマークに追加
最近どうもGoogleのクローラーがちゃんとインデックスしてくれないので、sitemap.xmlの自動生成にチャレンジ。

といってもいたって簡単。

以下、MTでのsitemap.xml自動生成方法です。

sitemap.xmlをムーバブルタイプで自動生成する手順

1.「デザイン」タブから「テンプレート」クリック
2.「インデックステンプレートを作成」クリック

20100903_1.jpg

3.ファイル名に「sitemap.xml」入力
4.以下を本文にコピペ

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>  
<urlset xmlns="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84">  
<url>  
  <loc><$MTBlogURL encode_xml="1"$></loc>  
  <priority>1.0</priority>  
</url>  
<MTEntries lastn="9999">  
<url>  
  <loc><$MTEntryPermalink encode_xml="1"$></loc>  
  <lastmod><$MTEntryModifiedDate utc="1" format="%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ"$></lastmod>  
</url>  
</MTEntries>  
<MTCategories><MTIfNonZero tag="MTCategoryCount">  
<url><loc><$MTCategoryArchiveLink encode_xml="1"$></loc></url>  
</MTIfNonZero></MTCategories>  
</urlset>  

5.出力ファイル名にも「sitemap.xml」入力

20100903_2.JPG
6.「保存と再構築」クリック

以上で、http://hogehoge/sitemap.xmlに、エントリーのリストが自動生成されます

が、ウェブマスターツールに登録したところエラー……。
なぜかと色々調べていたところ、ロリポップ側の障害らしい。
まだ解決してなさそうなんですが、どなたか解決策ご存知でしたら教えてくださいです。

2010年9月9日追記

その後いろいろと見ていたら、wwwありと無しの設定の違いが、Google側のエラーを招いていたようでした。
MTの設定で、wwwありに変更したところ、聖女にsitemap.xmlは読み込まれたようです。
勘違いしてロリポップさんのせいにしてしまってごめんなさいです。

ところで、この調査の過程で、urllist.txtなるものを知りました。
UTF-8のテキストファイルに、1行1URLを羅列するだけの簡単なものをサーバ上にアップして、ウェブマスターツールなどに読み込ませることができるんですね。手作業なので面倒ですが、ページ数の少ないサイトなら、とても便利ですね。

世の中まだまだ知らないことばかりです。勉強になりました。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/731

[E:yen]これは私も欲しい iPod nano(13,800円)の最新モデル 続きを読む

コメントする

        

人気エントリー