Google Instantで検索が変わる! SEOへの影響は?

| コメント(0) | トラックバック(1)


このエントリーをはてなブックマークに追加
米国時間9/8に、Googleから重大発表。Google Instantを同日より公開したとのこと。


Google Instanstとは?

ユーザーが検索フォームに検索キーワードをタイピングしている最中に、リアルタイムに検索結果を表示する機能です。
入力途中で、次々と検索結果が表示されるため、非常にダイナミックな検索体験をすることができるでしょう。

イメージできない方は、Google official blogのムービーを見てみるとよいでしょう。30秒過ぎから実際の検索時の映像が流れます。

google Instantの特徴は?


Faster Searches: By predicting your search and showing results before you finish typing, Google Instant can save 2-5 seconds per search.

Smarter Predictions: Even when you don’t know exactly what you’re looking for, predictions help guide your search. The top prediction is shown in grey text directly in the search box, so you can stop typing as soon as you see what you need.

Instant Results: Start typing and results appear right before your eyes. Until now, you had to type a full search term, hit return, and hope for the right results. Now results appear instantly as you type, helping you see where you’re headed, every step of the way.


以下、意訳です。// つたない英語力なのでご勘弁を……
より早い検索:検索を予測し、ユーザーがタイピングを終える前に検索結果を見せることによって、Google Instantは、一回の検索ごとに2~5秒ほど時間を短縮します

予測:ユーザーが自分が探しているものを正確に知らない時でさえ、Google Instantの予測は検索を誘導します。一番上の予測は、グレーのテキストで検索フォームの中に直接表示され、タイピングを止めるとすぐに、必要としているものを表示します。

素早い結果:タイピングを始めると同時に、結果が右側に表示されます。これまでは、自分が望む正しい検索結果が返ってくるまで、すべての検索文字列をタイピングしなければならなかったが、これからは、タイピングをしているまさにその最中に、すみやか検索結果が表示され、ユーザーの行動工程の全てにおいて、手助けしてくれます。


ユーザーが検索するためにキーワードを入力している端から、現在入力されている文字列に関する検索結果をリアルタイムかつダイナミックに表示する機能のようです。検索キーワードを入力⇒検索ボタンを押下⇒検索結果が表示といった一連の動作を、スムーズかつスピーディに行うことができるようになります。

Google Instantによる検索への影響は?

これによって、ユーザーは、これまでとは比べ物にならないほど多くのキーワードに関する検索結果を目にすることになるでしょう。

また、それらはユーザーの意思に関わらず表示されることになるため、表示されるほとんどの検索結果は、極端に短い時間しか画面上に現れないことになります。

また、予測機能なども充実するため、一つのキーワードに関する検索結果を2ページ、3ページと深く探していくという検索行動は減り、より自分の求める検索結果が表示されるであろう複数語での検索が促され、また、多くの場合は、それらの検索結果の1ページ目、かつ上位のものが中心に閲覧されることになるのではないでしょうか。

Google InstantによるSEOへの影響は?

今回のこの機能は、表示側の仕組みのみのアップデートであり、検索結果そのものには影響はないようです。
しかし、上述のように検索ユーザーの行動が、大きく変化することになりますので、それによる影響は避けられません。

まず、ビッグワードのSEOに依存した集客は、徐々にその効果が薄れていくものと思われます。
より、検索ユーザー、消費者のニーズに適切な複数語での上位表示することが重要でしょう。
そういう意味では、ロングテールSEOに強いサービス、サイトは、逆にチャンスが多くなる可能性も高いと言えるかもしれません。

また、ユーザーは、次々と表示される検索結果の、目線に近い部分、つまり検索フォームすぐ近くの検索結果を中心に連続的に閲覧することになりますから、ビッグワード、ロングテールワードに関わらず、特定のキーワードにて、1ページ目、かつ上位に表示されていない場合は、集客の大きな機会損失になる可能性が高いのではないでしょうか。

Google Instantはいつから利用できる?

Google Accountにログインしているユーザーに向けて、ここ数日中に徐々に公開範囲を広げていくとのこと。
僕のアカウントでもまだ確認できていませんが、非常に楽しみです。


以上、まだ実際にサービスを体験していない状態での、Googleからの発表を読んでの考察でした。



トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/735

コメントする

        

人気エントリー