2010年7月アーカイブ

TDPとは、yahoo!検索で、自サイトのトップページが、最適化したキーワードでペナルティを受け、インデックスはされているものの、ペナルティを受けているキーワードで検索した時にのみ、全く検索結果に表示されない現象のこと。いろいろ呼び名はあるようですが、そういうこと。

キーワード出現率を下げたら復活したとか、怪しいリンクを削除したら復活したとか、まことしやかな話を書いているブログも多いですが、そういう記事は一切信用してませんし(そんな単純にペナルティ決めてたら……)、そもそもTDPだと思ったら、yahoo!検索側の定期アップデートで戻ったとか、そういうケースも多いです(どちらかというと、TDPだと騒いでいるケースには、そっちの方が多いんじゃないかとも思ってますが)ので、今さらTDPからの復旧方法がどうとか、TDPの確かめ方がどうとかいうのには触れません。

極端に「やばいかな?」と思いつつやってしまった施策がないのであれば、順位が下落しても、基本は「半年ぐらいはどかっと待ち」の姿勢が正しいウェブマスター姿ということで。

で、最近気付いたことがあったのでそれだけ書きたかったのですが、TDPっぽいケースで、特定のキーワードでは検索結果には表示されないのに、「特定のキーワード + hoge」では、ちゃんと上位表示されるという状況を確認しました。

最適化したキーワードAはダメだけど、「A+無料」とか「A+地域名」とか「格安+A」とか、そういう別のキーワードとの複合検索の場合は、きちんと最適化の効果が見られるわけなんです。

なんでなんでしょうね。ペナルティなら、軒並みランクを下げる方が良いでしょうに、あるいは自動的に行ったペナルティ付けの精度への自信がないからなのか、そもそも、これもTDPではないからなのか。

不具合なら早めにアップデートしてほしいもんですし、TDPがそういうもんならそれでもいいんですが、Googleみたいに、ペナルティ後の再審査請求の窓口ぐらいは用意しておいて貰いたいもんです。

それにしても、この現象もGoogleへのエンジン切り替えでなくなってくれればいいんですがね。

        

人気エントリー