継続する取引に関する契約書に必要な収入印紙の金額・額面は?

| コメント(0) | トラックバック(2)


このエントリーをはてなブックマークに追加
僕がよく目にする契約書は、請負に関する契約書です。

請負とは当事者の一方(請負人)がある仕事の完成を約し、相手方(注文者)がこれに報酬を支払うことを約束することによって成立する契約をいいます。請負には建設工事のように有形的なもののほか、警備、機械保守、清掃などのように無形的な結果を目的とするものも含まれます。

では、収入印紙の額面はどのように判断すればよいのかというと、以下。

印紙額:契約金額

非課税:1万円未満
200円 :100万円以下
400円 :100万円~200万円
千円 :200万円~300万円
2千円 :300万円~500万円
1万円 :500万円~1千万円
2万円 :1千万円~5千万円
6万円 :5千万円~1億円
10万円:1億円~5億円
20万円:5億円~10億円
40万円:10億円~50億円
60万円:50億円~
200円 :契約金額の記載なし


契約期間が3か月以内で更新の定めのないものは除き、継続的な取引は、契約金額の記載がなかったとしても、収入印紙は4千円となります。

ここで注意なのが、金額の記載がないもので、継続的取引の場合です。
たとえばウェブサービスで、毎月の売り上げに応じて対価が支払われるようなものですね。
間違えて200円の収入印紙を貼ってしまわないように注意しましょう。恥をかきます。


はい、久しぶりに恥をかきました。

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/636

ネットサービス・ネットコミュニティ・検索エンジンブログ - 2009年上半期の人気記事 (2009年6月13日 19:20)

さて、今年3月からブログの更新を再開しまして、そろそろ6月ですので(日付的にキリ悪いですが)、ここまでの人気記事でもご紹介しようと思います。2009年1月... 続きを読む

Lanas big boobs. Big boobs. Jewish big boobs. 続きを読む

コメントする

        

人気エントリー