なぜ決算書が読めるヤツは出世するのか~決算書報告書の見方、読み方まとめ

| コメント(0) | トラックバック(0)


このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ決算書が読めるヤツは出世するのか」という本を読んだのでまとめておきます。先日のエントリーと少し重複する部分もありますが、目的は、「ざっくりでもよいので、スピーディに決算書を読み解くこと」です。

企業の財務諸表(財務三表)とは
  • 賃借対照表(B/S)
  • 損益計算書(P/L)
  • キャッシュフロー計算書(C/S)

賃借対照表とは
  • ある時点で、会社がどんな「資産(プラスの財産)」を持ち、「負債(マイナスの財産)」を抱えているかを一覧表にしたもの
  • 賃借対照表の右側半分には、負債及び純資産(資本)つまり「お金がどうやって集められたのか」が記載され、左側半分に資産つまり「お金をどう使っているか」が記載される。
  • また、バランスシートと呼ばれるように、左右の金額は常に同額で一致する。「資産=負債+純資産」となる。
  • さらに、資産および負債は、それぞれ「流動」と「固定」に区分され、資産は「流動資産」「固定資産」、負債は「流動負債」と「固定負債」となる。
  • 1年以内に現金化できる、あるいは返済が必要なものが「流動」、そうでないものが「固定」というイメージでOK。

損益計算書とは
  • 一定期間の会社の業績を記録したもの。
  • 発生する費用をグループ化し、その費用の発生原因ごとに利益を計算することで、利益がどこで上がったのかが分かる仕組み。
  • 上から読み解くと、次の順番で5つの利益が存在する。
    1. 売上総利益=売上高-売上原価 いわゆる「粗利」と呼ばれるもの。
    2. 営業利益=売上総利益-販管費 本業での儲けを示す。
    3. 経常利益=営業利益+営業外収益-営業外費用 本業の儲けに、資金運用による損益を加えることで、会社の日常的な儲けを表す。
    4. 税引前当期利益=経常利益+特別利益-特別損益 経常利益に突発的な損益を合わせた会社全体の儲けを表す。
    5. 当期利益=税引前当期利益-法人税等 税金支払い後の最終的な利益。会社の手取り。

  • たとえば、営業利益は黒字だが、経常利益の段階で赤字転落しているような場合は、「その間にある営業外損益である、借入金の支払利息が負担になっている」といった見方をする。

キャッシュフロー計算書とは
  • 会社の一定期間の入金と出金を記録したもの。3種類が存在する。
    • 営業キャッシュフロー
    • 投資キャッシュフロー
    • 財務キャッシュフロー

      1. 営業キャッシュフロー:販売、仕入、経費支払など日常の活動によって生じるキャッシュの動き。プラスなら本業で金を生み出し、マイナスなら本業で金を失っていることを表す。
      2. 投資キャッシュフロー:設備投資や資産売却によるキャッシュの動き。主に、設備投資をすればマイナスになり、資産売却をするればプラスになる。
      3. 財務キャッシュフロー:金融機関などからの借入や返済、資本金増資などのキャッシュの動き。主に、プラスの場合は返済よりも新たな借り入れ額が多く、マイナスの場合は、新たな借り入れ額よりも返済額が多いことを示す。

  • なお、フリーキャッシュフローとは、営業キャッシュフローと投資キャッシュフローを合わせたものであり、会社が1年間で稼いだ自由に使えるキャッシュのことを示す。
  • ざっくり、以下のような見方をする。
パターン          ①   ②     ③
営業キャッシュフロー  +   +    -
投資キャッシュフロー  -   -    +
財務キャッシュフロー  -   +    -
現預金増減額      +   +/-     -
※+-はキャッシュを表す

パターン①理想形:本業で生み出したキャッシュで、投資及び借入返済をまかなった上で、現預金が増加。
パターン②健全な積極型:借入金で調達したお金で、積極的な投資を行い、順調に本業で回収。
パターン③じり貧衰退型:本業でキャッシュを生み出せず、資産を売却して借入返済に充てて食いつないでいる。


決算書の見方
  • 見方は、立場によって異なる。大きく着目すべき点は3点。
    1. 銀行視点:会社の倒産リスクは? 貸出金の回収はできるか?⇒安定性
    2. 投資家視点:将来性と投資した資金による利回りの大きさは?⇒利回り
    3. 経営者視点:過去の行動の検証から、今後取るべき戦略は何か?⇒収益性、生産性

安定性
      • 短期的な安全性と長期的な安全性の二つに分けてみる。

短期的な安全性
          • 資金ショートを起こさないだけの支払い能力があるかを見る。その指標の代表例が「流動比率」。
          • 短期的に支払う必要のある流動負債を支払えるだけの現預金、あるいは現預金に代わりやすい流動資産があるか。

流動比率=流動資産÷流動負債×100(%)

【参考】流動比率の業種別平均値
全産業:121.7%
製造業:133.1%
建設業:137.7%
卸売業:125.7%
小売業:105.5%
不動産業:111.6%
サービス業:107.2%

長期的な安全性
          • 長期的なスパンで見た時に資金が足りなくなり勝ちかどうかを見る。代表的な指標が「自己資本比率」。

自己資本比率=自己資本÷総資本(自己資本+他人資本)×100(%)

【参考】自己資本比率の業種別平均値
全産業:33.5%
製造業:43.8%
建設業:29.3%
卸売業:26.0%
小売業:30.2%
不動産業:27.0%
サービス業:25.5%

利回り
      • 「総資本経常利益率」と呼ばれる日常的な成果である経常利益に対する会社の利回りを見る。
総資本経常利益率=経常利益÷総資本×100(%)

      • 経常利益率は、当然高い方が良い。

【参考】業種別総資本経常利益率の平均値
全産業:4.0%
製造業:5.4%
建設業:2.2%
卸売業:3.2%
小売業:3.3%
不動産業:2.8%
サービス業:3.5%

収益性
      • 売上高のうち、どれだけの割合が利益となるのかを見る。
      • 代表的な指標は「売上高対総利益率」「売上高対営業利益率」「売上高対経常利益率」の三つ。

売上高対総利益率=売上総利益÷売上高×100(%)
売上高対営業利益率=営業利益÷売上高×100(%)
売上高対経常利益率=経常利益÷売上高×100(%)

      • それぞれの指標が、当期と前期でどう変化しているかを見たうえで、それぞれ、利益率を動かしている売上原価、販管費、営業外損益に何らかの変化があったものと推測することで、当期の原因を探ることができる。


生産性
      • 投入したものがどれだけ多くの新たな価値を生み出したかということであり、会計上の「付加価値」と呼ばれる場合は、「会社が新たに稼ぎだした価値」を指す。製造業以外では、「付加価値=粗利益」と割り切ってしまってOK。
      • 生産性を示す指標としては、「労働分配率」が代表的。
      • 労働分配率は、付加価値のうちどれだけを人件費として分配しているかを示す指標。

労働分配率=人件費総額÷付加価値×100(%)

      • つまり、会社が得た利益をどれだけ社員に還元しているかという数値。一般的に、分配率は33%が妥当と言われる。

決算書から算出すべき比率、まとめ

総合 会社の利益効率
      • 指標:総資本経常利益率=経常利益÷総資本×100(%) 大きいほどよい指標

安全性 資金ショートに陥る可能性を見る
      • 指標:流動比率=流動資産÷流動負債×100(%) 大きいほどよい指標
      • 指標:当座比率=当座資産÷流動負債×100(%) 大きいほどよい指標
      • 指標:自己資本比率=自己資本÷総資本×100(%) 大きいほどよい指標
      • 指標:固定長期適合率率=固定資産÷(自己資本+長期借入金)×100(%) 小さいほどよい指標

収益性 会社が利益を上げる仕組みを見る
      • 指標:売上高対総利益率=売上総利益÷売上高×100(%) 大きいほどよい指標
      • 指標:売上高対営業利益率=営業利益÷売上高×100(%) 大きいほどよい指標
      • 指標:売上高対経常利益率=経常利益÷売上高×100(%) 大きいほどよい指標

生産性 会社の元気の良さを見る
      • 指標:一人あたりの付加価値=付加価値合計÷従業員数(円)
      • 指標:労働分配率=人件費総額÷付加価値合計×100(%) 小さいほどよい指標

倒産しないために最低限必要な売上高とは?
  • 利益がトントンのときの売上高「損益分岐売上高」を知る。
  • 損益分岐売上高では、経費を変動費と固定費という区分で見る。
  • 製造業以外では、変動費は売上原価、それ以外はすべて固定費と割り切ってOK。
  • 売上高から変動費を差し引いた利益を限界利益と呼ぶ。
  • つまり、製造業以外では、限界利益は、ほぼ粗利益。

限界利益率=限界利益÷売上高×100(%)

  • つまり、製造業以外では、限界利益率=ほぼ粗利益率

損益分岐売上高=固定費悪限界利益率(円)

  • この金額まで売上高が下落しても、赤字にならずにすむ、という数値。


財務指標を良くするにはどうしたらよいのか?
  • 計算式のどの数字を大きくしたり、小さくしたりすればよいかを考え、そのためにはどういう行動を取るべきかを考える。

以上、超早足に、決算書の読み方についてまとめました。

本の内容としては、非常に簡潔に要点に絞ってまとめられており、すらすら読み進められると思います。多少簿記や会計の知識があった方がスムーズでしょうが、なくても、十分ためになる本でした。読み終わるまでにかかった時間は、3~4時間ほど。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/631

コメントする

        

人気エントリー