Google SearchWiki(グーグルサーチウィキ)日本上陸……果たして今後はどうなる?

| コメント(0) | トラックバック(0)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ついにやってきました。Google SearchWiki。

気付かなかっただけかもしれませんが、僕のアカウントでは先ほど確認できました。

searchwiki.JPG































Titleの右に表示されているアイコンが、左から「順位を上げる」「検索結果から除外」するボタンです。

ただ、現在のところ、この操作は、Googleにログインしており、かつ、自分が見た時の順位に影響するだけののとのことです。Googleをログインして使っているユーザーは、それほど多くないでしょうし、さらにその中で、明示的にこの機能を使おうとするユーザーがどれだけいるのか、そして、一番問題なのは、そういった行動に移るユーザーの「検索利用に関するリテラシの高さ」です。そこまでのリテラシを持つユーザー層は、そもそもSEOのターゲットとは少し違っていますし、仮に、たまたまクリックしたとしても、離脱時に、そのサイトに表示されている広告をクリックして去っていくということも、ほとんど考えられないでしょう。

それを考えると、一般的なSEO的な意味合いでは、直近での影響はほとんどないという論調が多いのにも納得です。

今後どうなるか、というところですが、こういった仕組みは、かつてのmeta情報がそうであったのと同じように、いわゆるSEO SPAMの温床となりうる可能性を秘めていますから、今後のGoogleの戦略が気になるところです。

SEO業界的にはかなり注目されていた機能実装でもありますから、それなりのものを投入してきているとは思いますが、とはいえ、日本上陸前に、この機能について触れていた記事は、批判的なものが多かったように思います。

どうなることやら、ですね。

ちなみに、下の方にある類似ページの右の吹き出しアイコンで、そのサイトに関するコメントを投稿できますが、これは他のユーザーにも共有される公開情報のようです。

ところで、その目的やなんやらはおいておいて、サーチウィキのアイコン、見た目、非常に邪魔ですね。慣れていないからという理由だけかもしれませんが、ちらちらして鬱陶しいです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/633

コメントする

        

人気エントリー