2009年4月アーカイブ

海外(ハワイ)への電話のかけ方です。

国際電話会社の番号+010(国際プレフィックス。日本からならこれで固定)+1(国番号。国によって違います)+808(ハワイ州の番号)+相手先の電話番号(7桁)をつなげてかけるだけです。

国際電話会社の番号は以下。
KDDI:001
NTTコミュニケーションズ:0033
ソフトバンクテレコム:0061
AU:005345
ドコモ:009130
ソフトバンク:0046

国番号は調べてください。

番号長いですねぇ。
googleの「もしかして」ですが、いつのまにか、勝手に検索結果を表示してくれるようになっていますね。
いつからなんでしょうか? 




WS000000.JPG









































久しぶりに眼科に行こうと思って調べてたのですが、誤入力した結果が↑のキャプです。他にも、通常入力されるであろうキーワードを少し間違えて検索してみると、ほとんどこれが出ます。漢字をひらがなでとか。「ぎゅうにゅう」で検索。

最近、このキーワードで検索機能も、最近よく見かけるなぁと思っていましたが、かなり急ピッチで次世代の検索スタイルを構築しようとしているように見えます。

ユニバーサル検索もかなり進んできていますし、2009年は、従来の検索エンジンから、かなり大きな変動がありそうですね。特にgoogleからは目が離せません。

従業員が引越し・転居をした場合に、会社・企業側で行うべき手続きは、2点あります。

・厚生年金保険被保険者住所変更届け
・国民年金第3号被保険者住所変更届け

被保険者である従業員のみの引っ越しの場合は、前者のみ。
扶養家族がある場合は、後者も必要です。

用紙は複写式になっていますが、前者のみの場合は、2枚目は捨ててしまって構いません。

ウェブにPDFがありますので、それを印刷してもOKです。

提出期限は「すみやかに」とありますので、少々遅れても問題ないものと思います。

提出場所は管轄する社会保険事務局。郵送でも構いません。

添付書類は必要なし。扶養者の住所も変更する場合は2枚目右下に署名が必要です。

電子申請も出来ますが、設定が難解すぎて断念しました。
ソースはyahoo!ニュース。


騒ぎすぎですよね。草なぎ君がかわいそう。

僕の周りの反応は一様にそんな感じです。

全裸といっても深夜の公園で、それを見たのも警官だけみたいですし、騒いでいたのはいただけませんが、全国ネットで謝罪会見するほどの罪なのかははなはだ疑問です。

薬物反応も出ていないのに家宅捜索というのも……。

まあ、立場が立場なので、騒がれるのは仕方ないでしょうし、CMを契約しているスポンサー含め、関係各所にとっては笑いごとではないのでしょうけれど、あんなに大げさな謝罪会見と、長期間謹慎するほどのものではないように思います。

個人的には、謝罪会見も、見ていていたたまれない気持ちになりましたし、くだらない質問を投げかけるレポータに嫌悪の感情すら抱いてしまいました。

まあ、それを見ちゃうから視聴率が上がるんでしょうけれど、どのチャンネル回しても一斉に放送していましたから、見るなという方が難しい状況でした。

NHKぐらいはスルーしてほしかったです。


と、酒飲んで記憶をなくした翌日は、関係者に会うのも憂鬱になってしまう酒飲みが、酒飲みを擁護してみました。
そんな憂鬱な状態で全国ネットで記者会見とか死にます。

Microsoft AdSense 一般公開開始か

Google、Yahoo!についで、Micfosoftもコンテンツマッチ広告のベータテストを開始したようです。

だいぶ遅いタイミングのような気がしますが、どうなるでしょうか。

yahoo!のアドパートナーが大コケして以来、Microsoftあたりがやってくれないかなーと期待していましたが、ようやくといった感じ。

まだ米国のみのようなので、日本出の開始は相当あとになるでしょうけれど、期待して見守りたいと思います。

アクセス解析をしていると、ネットリテラシの高い利用者ならとても入力しないような、長い検索キーワード(キーワードというよりもセンテンスに近いが)で訪問してくる利用者を見かけることが多いですよね。

もちろん、リテラシの高低にかかわらず、期待する検索結果がなかなか得られない時なんかにも、ずらずらとたくさんのキーワードが並んでしまうこともよくある話。

さて、そんなシーンに対して、より良い検索結果を返そうという試みを、googleさんがやってくれています。


記事によると、長い検索キーワードを入力した際に、長いスニペット(5行?)を検索結果として返す機能をリリースしたとのこと。


こういう細かなユーザビリティを考え続ける姿勢は素晴らしいですね。
-----
twiterは来ているのか
現時点の個人的な感想としては、Twitterは日本では流行らないのでは?という印象です。果たして日本で仕事中につぶやける環境にある人がどれだけいるのでしょうか?プライベートな時間をTwitterに使いたいと思う人がどれだけいるのでしょうか?
-----

これは真理だろうなぁと思う一方、twitterって、モバイルも対応していますよね。モバイルはどんな利用状況なのでしょうか?

まったくtwitterを使っていない僕が論ずるのもあれですが、基本的には、明示的に誰かに発信するのではなく、ゆるいつながりを持った人同士で共有する空間というのは、非常に日本人の性質にマッチしていると思っています。しかしながら、おそらく、日本で、それを実現するのであれば、モバイルに注力すべきなのかなとも思います。

僕なんかは、寝ている時と移動している時以外は、ずっと複数のメッセンジャーソフト(live、skype、google talk、ircなど)を常時立ちあげた状態でいますが、ウェブで考えると、IT業界以外では難しいでしょうね。IT業界でも、メッセンジャーソフトは禁止されている会社も多いようです。

はてなに近い利用者属性がイメージできます。一部では盛り上がっているし、使いこなせば非常に便利だけれど、マスが取れない、といった感じ。

本国ではどういった層が使っているのでしょう?

-----
1年後、日本においてTwitterがどれほどの成長を見せているのかは分かりません。ただ、やはりリアルタイムでつぶやかなくてはいけない状況って、参加できる人がかなり限られていると思います。
-----

これも確かに思うところではあります。しかしながら、モバイルであれば、深夜のメールですらリアルタイムでのレスポンスが常識になりつつある若年層を取り込める可能性は十分にあるでしょう。Twitterがどの層に向けて、どういった方向性でアプローチしていくのか見守りたいと思います。

と、本当にTwitterを全く知らない状態で書いています。チャレンジしてみたいのは山々なのですが、あいにくここ半年ほど、まったく時間がねん出できないんですよね。困ったもんです。

yahoo!サイトエクスプローラに、フィードを登録して、数日たっても「処理中」のまま。

おや? と思われた方いらっしゃいませんか? そういう方がこのエントリーをご覧になられてることとも思います。

さて、この「処理中」ですが、登録がうまくいっていない状態を表すものではありません。

登録されていない状態は「未処理」と表示されていまして、その後、正常に登録が完了すると「処理中」と表示されるようになります。

「中」とあるので紛らわしいのですが、yahoo!側で、正常にフィードを受け取って、クロール作業を行っている最中ですよ! という意味を表しているのだと思います。

英語版だとprocessedと表示されるようですので、そのまま翻訳したのでしょうね。

ここら辺、yahoo!さんのローカライズチームの方には、もう少しユーザビリティを考えたワーディングを検討してもらいたいものです。

ところで、とあるサイトにエクスプローラ-のフィードを登録しているのですが、全くインデックス数が増えません。

内部のリンク構造に問題があるのは100も承知なのですが、クローラーさんに、もうちょっと頑張ってくれよと願わんばかり。
10億ドルでも売る気はない

昨日のエントリーの続報です。

売るか売らないかはおいておいて、以下のような記述がありました。


一方で、TwitterとGoogleの業務提携についての話し合いも続いている。Googleの欲しているのはTwitterの情報をリアルタイムで取得して直ちにインデックス化することだ。

ちょうど、昨日触れましたけど、まあ、やっぱりそこでしょうね。
あのgoogleが、twitterの買収交渉をしているとの記事が。

詳細は、リンク先にて。

もちろん、これが実現してTwitterがGoogleの何番目かの子会社になってしまうのは悲しい。彼らにしかできないことを見たいから、もうしばらく自分の翼で飛んで欲しいと思う。

上記のように引用元記事にありますが、確かに、何でもかんでもgoogleに……というのは、なんとも面白くないですね。

といいつつも、twitterの速報性ある情報が、同じく、「コンテンツの鮮度や歴史」を検索結果表示の大きな要素にしているgoogleに組み込まれることになれば、さらに一歩進んだ検索エンジンの未来が見えてくるかもしれません。

買収の話はまだかなりの初期段階で

ともありますので、今後の展開はまったく分かりませんが、こちらも期待しましょう。
昨年末以来、3か月ぶりにgoogleのツールバーページランクに更新がありました。

先日のリンク販売問題でページランクが下げられているサイトは、まだ復活しているケースは少ないようです。

また、僕の把握しているサイトのかなりの数が、PR5⇒PR4へ下げられていることを確認しました。

ツールバーに表示される4と5の基準値(google内部で持つ本当のページランクにはもっと細かな数値があるのはご存じの通り)が変更されたのか、あるいは、あまり自然ではない被リンク(主にグループ内での相互リンクか?)によって高いPRを獲得していたサイトへの加点が下げられたのか、詳細は不明です。

まだ、あまりこの件について触れられているブログもないようなので、僕の周りだけのものなのかどうか、少し情報収集してみたいと思います。

検索結果に川柳が表示されるようになりました
-----
本日より、検索結果に川柳が表示されるようになりました。
検索をすると、そのキーワードを題材にした川柳が自動生成され、表示されます。



Googleの東京 R&D センターでは、より日本に適したサービスを提供するため、日本の文化に関する研究を行っています。その一環として、昨年より俳句/川柳の自動生成技術を研究してきました。
-----

この記事を見る前に、普通に検索していた時に川柳が表示され、「なんじゃこりゃ???」と思ったのですが。。。

とあるキーワードで、googleで1位に表示される管理サイトの上に出てきたもんですから、びっくりしました。

googleくだらんことするな!

と思ったら、やはり毎年恒例のアレでしたか。

今頃気づきました。。。


        

人気エントリー