定額給付金と献金疑惑と日本の政治

| コメント(0) | トラックバック(0)


このエントリーをはてなブックマークに追加
各所から非難の嵐の定額給付金が、ようやく給付され始めましたね。

経済効果と言う点では、政治にまったく無頓着の僕でももっと他に使い道があるのでは? と疑問符が付いてしまいます。

テレビメディアで、自民党の政治家たちが「これで、新しい洗濯機を買おうと思います」なんて、発言していましたが、1万円だかそこらのお金が入ったところで、一般庶民が新しい洗濯機を買おうという気になれるかというと、なかなか難しいですよね。

個人的には、思わず滞納してしまった住民税の支払に当てようと思いますが……。貰いに行ってその場で税金支払ってやろうかしら。

さて、最近の日本の政治は、本当にママごとなのではないかと思ってしまいかねないレベル。

小沢氏の献金疑惑で自民党の批判の声が小さいと思ったら、翌日から出るわ出るわ、自民党議員の献金返還

返還先の団体がない状態で、このタイミングで返還。ここで返還と言っておけば、彼らは逮捕起訴されないのでしょうか。

おまけに、某氏の釈明会見に、麻生首相は「きちんと説明していたと思う」と述べたそうな。小沢氏と全く同じ説明内容だったようですけれども……。

宮崎や大阪など、地方発信で、あれだけ政治が盛り上がっている中、国政がこれでは、日本の将来はどうなるのでしょうか。

最近、財務系の仕事をしていることもあり、税金がどうとか、為替がどうとか、そういう部分の情報と知識も仕入れるようになったのですが、我々の納めた税金の使い道を決める彼らが、このような有様だと、働くモチベーションもなくなってきますね。

本当に国民の代表なのかな? それとも、選んでいる国民が悪いのでしょうか。

と、書いたところで、前回の選挙に足を運んでいないことに気付きました。

批判する権利なし。住民税も滞納中。なんということ!

次はきちんと投票します。が、しかし、どの政党に入れれば国は変わるのでしょうか……。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/590

コメントする

        

人気エントリー