googleに関連性の高いサイトからの被リンクの価値を、より高く評価するという動向

| コメント(0) | トラックバック(0)


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連性のあるサイトからのリンクがページランクに影響を与えているというのは、初期googleのアルゴリズムに関する資料にもあるとおりです。ただ、昨今のSEOの常識として、ページランクが高い=検索順位に良い影響があるという図式が成り立っていないのもご存じの通り。

そんな中、こういった記事がありました。


http://www.suzukikenichi.com/blog/google-puts-more-weght-on-relevancy-of-backlinks/

現状、GoogleのSEOでいちばん大きなウェイトを占めているのは「リンク」です。「関連したサイトからのリンクが高く評価される」としばしば言われるし、Googleも事あるごとにそうコメントしています。正しくはあるのですが、実際には関連しているとは思えないサイトからのリンクでも、ランキングを上げるのに大きく貢献しているケースが多々あります。しかしながら、WebmasterWorldのスレッドによれば、ここ最近Googleは、関連性のあるページからのリンクをより評価するようになり、上位表示できているページからのリンクを以前ほどには単純に評価しないようになってきているようです。


関連性のあるサイトからの被リンクが、上位表示をするための要素として、より高く評価されるようになったとのこと。

関連性のないサイトからのリンクと、どの程度の違いがあるのかは今のところ分かりません。分かったところで、人為的に関連性のあるサイトからのリンクをもらうこともできません(クライアントのサイトに合わせてサテライトサイトを大量に生成して、リンクを張り続けるタイプのSEO業者に頼む場合は例外ですが)。

結局は、良いコンテンツを提供出来るサイトが、上位表示されるという仕組みです。また、単純に、無作為なサイトからのリンクの数を増やし続けていたサイトも淘汰されていくのかもしれませんね。比較的安価なSEOサービスを利用していると、そういう影響が出るのかもしれません。SEO業者を使ったことはないですし、実際にどういう作業をしているのか詳しくは知りませんが。


いずれにしても、


検索順位は後から付いてくる。


良く言われることですが、結局は、良質のコンテンツや記事を発信すること自体が、普遍的に変わらないSEOなんでしょうね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/594

コメントする

        

人気エントリー