SEOスパム

| コメント(0) | トラックバック(0)


このエントリーをはてなブックマークに追加
これまでの記事でも何度か触れましたが「SEOスパム」という言葉があります。コレは、文字通り邪道なSEO対策、検索エンジンを欺くSEOテクニックのことを指します。

google、yahoo!、msnなどの検索エンジンは、共に、このSEOスパムに対しては厳しい姿勢で臨むことを宣言しています。特に、2006年になってからのgoogleは、これまでにないほど厳しい対処を取っているようにみえます。

では、具体的にはSEOスパムとはなんなのでしょう。検索エンジンが最も嫌うのは「クローキング」という手法です。これは、ユーザーエージェントによるリダイレクトや「noframes」タグを利用し、検索エンジン専用のページを作ることを言います。ユーザーとは違うページを検索エンジンに見せることによって、ユーザービリティを度外視した、最適化したページを用意することができることになります。上位表示には非常に有効な手法ですが、もちろん発覚した際には、インデックス削除などの最大級のペナルティが待っています。
そのほか、極小リンクボックスによるリンクファームや、隠しテキストなど、スパムと呼ばれるテクニックはさまざまです。SEO対策の本質とは離れてしまいますので、ジョイコムではこれ以上詳しい説明は行いません。興味のある方は、ぜひ他のサイトなどを参考にしてみてください。

SEOスパムは、ユーザーにとっても満足の行く検索結果を返しませんし、全ての同種サイトを欺くと言う意味でも許されるべき行為ではありません。ぜひ、あくまでユーザビリティを第一に考えた上でのサイト構築を行ってください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/561

コメントする

        

人気エントリー