mixiの事件に見る運営ポリシーの重要さ

| コメント(0) | トラックバック(1)


このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiでこんな事件があった。

プログラムによって動作しているIDがある。一般には聞きなれないかもしれないが「人工無能」というプログラムである。これは、チャットや掲示板など、実際に人間が書き込んでいる言葉を情報として蓄積し、プログラム自身が言葉をしゃべるように作られているものだ。たくさん記憶させればさせるほど、より多彩な言葉をしゃべるようになる。もちろん、ちんぷんかんぷんな言葉をしゃべることも多いが、非常に面白いプログラムである。

この人工無能が、mixiのIDを所有し(本来はそのプログラム作成者が所有しているのだが)、mixi内で活動を行っているとしたら、いかが思われるだろうか。その人工無能は、以下のような行動を行う。

・マイミク登録の人へ紹介文を書く
・マイミクの日記にコメントつける
・日記を書く
・日記へのコメントに返事する

人工無能や自動巡回ツールなどを知らない方は驚かれるだろうが、プログラムが勝手に日記を書いたり、友達の日記へコメントをしたりするのである。

このIDは非常に人気が高く、1000人を超えるマイミクが存在する。もちろん普通の会話などできるわけではないから、人気といっても、通常の友達関係ではなく、興味本位で登録しているだけなのではあろうが。

そして、事件は2006年4月24日に起こった。
(以下の情報は、運営側に確認をとったものではなく、ユーザーによる書き込みを元に書いているため、運営側の真意とは異なる可能性があることをご了承ください)

mixi運営者より、所有者であるユーザーに警告メールが届いたことが、このIDの日記に書かれたのだ。警告の内容としては、複数アカウントの所有、自動巡回ツールの使用という二項目の規約違反に対してであり(後者は「・サーバーに負担をかける行為、および他のユーザーのアクセスまたは操作を妨害する行為」の項目が当てはまるだろう)、一方のIDを削除するよう指示されていたという。確かに、この二点は利用規約の禁止事項に明記されており、この警告は妥当なものだ。


そして、このIDの所有者は大人しくそれに従い、期日までにこのIDを削除すると日記に書いたのだった。しかし、マイミクの多くはそれをよしとせず、警告撤回を求めて、いっせいに運営側に抗議のメールを行った。その数はおそらく、数十から数百にのぼっただろうことが推測される。そして、結果から言ってしまえば、翌日昼頃には、mixi運営側から警告撤回の旨の連絡が届いたというのだ。その内容は、「過剰対応であるとの判断にいたる点があった」と、運営側に非があったと認めるものだったようだ。


さて、上記内容はあくまでユーザーの書き込みをそのまま要約しただけであるので、内容に間違いがある可能性は否めない。しかし、仮にこれが事実であったとするならば、という前提のもと、以下、話を進めたいと思う。

今回のこの対応について、当事者であるユーザーたちは喜んだだろう。そして、運営側の柔軟な対応に感謝したかもしれない。しかし、これは今後の運営にとって、重大な失敗を犯したと言わざるを得ないと、私は考える。

なぜなら、これは明らかに特例であり、このユーザーが複数アカウントを持っていることには変わりない。また、サーバー側に負荷をかける行為である自動巡回ツールを用いていることも、明白な事実である。規約違反であり、ユーザー自身もそれを認め、なおかつ運営側がそれを知っている状態で、このユーザーだけ特別に許可を与えられたのだ。

確かに、数十人、数百人といったユーザーから抗議が殺到すれば、運営側もこのままでよいのかという想いは出てくるだろう。このまま削除を断行すれば、この数十人、数百人といったユーザーが離れていくのではないか、あるいはさらにクレームが大きくなるのではないか。そう心配するのも仕方ないことだ。いかんせん、規模が大きすぎる。

しかし、今後、同じように複数アカウントを持っているユーザーや、自動巡回ツールを用いているユーザーに対して、どのような姿勢でのぞめばよいのか。明かな規約違反者に対し、運営側がなんらかの対応を行うのは当然の権利であるし、他ユーザーに対しての責務でもある。にもかかわらず、今回の特例によって、それができなくなる。仮に行ったとしても、警告を受けたものが今回の事件を知っていれば、「なぜ自分だけ?」と思うだろうし、仮にそのように抗議された場合、どのような理由が説明できるのか。

はっきり言ってしまえば、mixiには、自動巡回ツールを用いた書き込みは多数行われているし、複数アカウントを所持しているユーザーも多数にのぼっている。その多くは、それほどの影響はないため、しらみつぶしに探してまで対応を行う必要はないが、中には複数アカウントを用いた嫌がらせや、自動巡回ツールを用いた宣伝目的の書き込みなど、対応しなければならないものはある。

そういった、他ユーザーに迷惑のかかってしまうような、明らかに対応しなければならない行為に対し、今後どのように対応していくのか。また、今回の人工無能を用いたプログラムにしても、全てのユーザーが諸手を挙げて賛同しているわけではない。にもかかわらず、抗議が大きかったという理由だけで、mixi自身が規約を反故にした。


運営側のジャッジは、絶対の根拠を持った上でくだすべきであるし、その対応が当事者以外のユーザーにとって良い影響を与えると信じてこそ行うべきだ。他ユーザーにとっても悪影響が強く、放置することでコミュニティ全体の秩序が維持できなくなると考えた末の行動であったのであれば、当事者からどのようなクレームが起きたところで、撤回という選択肢はなかったはずだ。


運営側の論理に基づく運営ではなく、「全てのユーザーのための運営」を考えることが大切である。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/564

ネットコミュニティブログ - カテゴリ別記事タイトル一覧 (2009年3月22日 21:31)

当サイトのコラム系の記事リストを以下に掲載します。 SEOについては、時系列順に順番にお読みいただくことをお奨めします。 なお、ニュース・雑記系の記事はこ... 続きを読む

コメントする

        

人気エントリー