strongタグ、emタグ

| コメント(0) | トラックバック(0)


このエントリーをはてなブックマークに追加
太字や斜体を使うとき、通常はbタグやiタグを用いると思います。これは視覚的に、ユーザーに強調したい文章をアピールするという点で有効です。しかし、検索エンジンは実際にどう表示されているかということを見ることはできません。太字や斜体になっていても、他のテキストと同じ扱いをしてしまうのです。
そこで、検索エンジンに重要だと認識させる点において有効なのがstrongタグやemタグとなります。
これらのタグは文字列を「強調」するという性質を持っており、検索エンジンは他のテキストよりも重要だと認識してくれます。

実際のSEO対策においては、狙いたいキーワードに、このタグを記述すると良いでしょう。しかし、特定のキーワードにおいて、ページ内に表示される全てを同じようにマークアップした場合、その数によってはスパム扱いされる危険性もあるため、記述する箇所は、1箇所ないし2?3箇所程度に留めておきましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/549

コメントする

        

人気エントリー