キーワード出現率

| コメント(0) | トラックバック(0)


このエントリーをはてなブックマークに追加
選定したキーワードは、title、description、keyword、h×、strong、emなどを通じて適切にマークアップしていくことが、基本的なSEO対策となります。しかし、ここに初心者がはまりやすい落とし穴があるのです。

狙いたい単語をとにかく色んなタグでマークアップし、ページ内に詰め込めるだけ詰め込めば、それだけ加点されるのではないか、そう思いたくなるのは自然でしょう。実際、そういったサイトが上位表示されてしまう時代もあったようです。

しかし、どんなサイトでも、詰め込みさえすれば上位表示されてしまうのでは、検索するユーザーにとって有益な情報が得られるとは限りません。そういった「検索エンジンスパム」まがいの行為に対し、検索エンジンは日々チューニングされています。

現時点では、全体の文章量に占める、特定のキーワードの出現率は、記述されているキーワードが100個以内の文章量の少ないサイトなら10%程度、それ以上の文章量の多いサイトであれば5%程度までというのが一般的な説になっています。

上述したように、検索エンジンは日々チューニングされているため、その数字が本当に信憑性のあるものなのか、今現在も通用するのかは、はっきりとは断言できません。あまり少なすぎれば、当然検索に引っかかりづらくなってしまいますが、あまりに詰め込みすぎるとペナルティを受けてしまう恐れもあるため、程よくキーワードを埋め込む必要があります。

この出現率を調べるのに便利なのがキーワード出現率解析ツールです。

とはいえ、あまり出現率ばかりを気にしすぎてしまうと、サイト本来の魅力を失ってしまうことにもなりかねません。
ユーザーに優しい、自然なサイト作りを心がければ、不自然に特定のキーワードが多くなったり、本当に伝えたい内容に関わるキーワードが少なすぎたり、といったことはあまりないのではないでしょうか。

出現率に関しては、SEO対策にとらわれずにサイトを作成した後、最終確認の意味でチェックしてみる程度が良いのかもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/552

コメントする

        

人気エントリー