読書メモ「一瞬で大切なことを伝える技術(三谷宏治著)」

一瞬で大切なことを伝える技術

いつ買ったのか覚えていないけど、溜まりに溜まっている未読本の中にあったので、ざざっと目を通しました。


本書は、いわゆるロジカルシンキング系の技術をうまく使いこなせない、理解はしているけど実践に応用できない、といった人向けの思考法を紹介しています。

後半は、どうも、良いファシリテータになるための技術論がメインのようだったので、ほとんど読み流しちゃいましたが、本書中で、気になったポイントのみ抜粋、ようやくします。
  • 「自分の言ったことで一番ダイジなコトはなんだと思う?」と相手に問いかける
  • 重要思考は「差」と「重み」から成り立つ
  • 段階ごとに区切って話す。一気に話すと正しくても失敗する。段階ごとに決着をつける
  • 短く話す、伝わらなくても言い直さない。どうしても言い直したいなら同じことを2度言う。相手の思考を待つ
  • 「その原因は、~ということが1つ言えると思います」はダメ。「~が一番大きな原因です」と言う。大きな原因以外は、大事なことではない。無数に存在する
何かを伝えようとするとき、本当にいつも長くなっちゃいがちなので注意しないとね。
最後の「~ということが1つ言えると思います」も、よく言っちゃうなぁと反省。
一瞬で大切なことを伝える技術
三谷 宏治
かんき出版
売り上げランキング: 2997

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA